ぬりえコンテスト ぬりえコンテスト
社長ブログ
Blog
2021年度 すててこ株式会社 総括

2021年総括

2021年も、本日で終わりですね。総括をしておきます。
(社員向けです)

2021年度のスローガンは「下着からスクールへの移動戦」でした。
移動戦なので、下着カテゴリのシェアを維持しつつ、2020年度のPayPay上陸戦のように、過剰な販促による売上UPは狙わない経営がテーマでした。

しかし、MKT部の広告精度があがり、商品ページやカテゴリの作り込みが進んだこともあって、「移動戦」とは思えないくらい、お客様に支持していただきました。とてもありがたいことです。

今年はコンテナによる入荷が本格化した年でもありますね。在庫金額は大幅に上がり、倉庫も合計7倉庫に増えました。
さらに、バイヤーの交叉比率による持ち量設定&補充発注の精度も上がり、販売機会ロスが減り、売上UPに大きく貢献してくれたと考えています。

また、破産した靴下メーカーの在庫40万足を買うという突発的なイベントもありましたね。注文数も伸びる中、たくさんの社員が搬出と搬入のヘルプに入ってくれました。ほんと感謝しています。

CS部は、昨対130%を超える出荷をよくこなしてくれていると思っています。
年間40万件出荷って、驚異的です。毎日忙しい業務ですが、自社物流はネット通販の「核」で、自社物流を攻略できた会社しか、10年後に生き残れない(利益を出せない)と考えています。拠点物流を構築し、業務効率化と改善を進めていきますので、もうしばらく踏ん張ってください。

管理部は、「経理の最適化&予算化」「システム化」「BI化」「コンテナ入荷指揮」「サイネージ化」など、大車輪の活躍でしたね。社長から次々とタスクを放り込まれる中(苦笑)、本当によくやってくれてます。

このように、会社として最も多忙な、そして、とても成長した2021年でした。
楽天の「ショップ オブ ザ マンス(10月度)」や「ショップ オブ ザ 都道府県」も受賞することが出来ました。
社員の皆さん、本当にありがとう!

—————

さて、社長は、来年2月の経営計画発表会に向けた、2022年度の方針を策定しているところです。

中長期的に見て、会社が攻略すべき、大きな課題は下記の3つ。

①自社物流(拠点物流)
②自社商品(自社企画生産)
③自社サイト(ただの販売サイトとは違うイノベーションサイト)

それぞれ、非常にハードルが高い課題ですが、これを乗り越えた先に、会社と社員の繁栄があります。

1年で攻略できるほど甘い課題ではないですが、2022年度も、上記3つの攻略に沿った経営計画を立てます。

さて、明日から2022年。
2022年も、お客様に笑顔をお届けする会社として、成長していきましょう!

(添付写真は、年末の大雪の時のやーつ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール