社長ブログ
Blog
大連の海味当家

大連の蒸し料理専門店「海味当家」

大連は中国では海の幸の街として知られていますが、その大連で予約がとりにくく、とても繁盛している海鮮の飲食店に行って来ました。「海味当家」というお店です。

「海味当家」
大連の海味当家
大連の海味当家

中国の海鮮料理店は店頭で魚や貝、海老を選んで、それを調理してもらいます。
大連の海味当家
大連の海味当家

シャコをなべの上の網に乗せて、そのまま蒸気を利用して蒸します。
大連の海味当家
大連の海味当家

カニもこの通り、しっかり蒸されています。
大連の海味当家

貝もこの通り、ぱっくり口を開けています。
大連の海味当家
大連の海味当家

魚も蒸し焼きでヘルシーです。
大連の海味当家
大連の海味当家

蒸し時間を設定するモニタです。だいたいは蒸し時間2~3分でした。カニは12分でした。
大連の海味当家

↓野菜を蒸して、下の雑炊に投入する流れです。
大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

大連の海味当家

この蒸し器が特徴的です。多分、市販されてなくて、作らないといけないと思います。
大連の海味当家

この蒸気口から蒸気が出て、蒸す仕組みです。
大連の海味当家

中国の海鮮料理店は店頭で魚や貝、海老を選んで、それを調理してもらいます。このお店もそうなんですが、違うのは海鮮の「蒸し料理」専門で、皿にそのまま、あるいはぶつ切りにしてお客様に渡します(焼肉屋みたいです)。そして、お客様自身で蒸して食べるので、セルフに近く、人件費が抑えられる仕組みでした。

でも、注目はそこではなく、なんと、蒸し料理の底鍋に「雑炊」がセットされていて、蒸し料理のうまみを水分として蒸すんです。これが斬新で、調理方法が理にかなっていて、新しいなと思いました。味も美味しかったし、これ、口コミやSNSで広がってるんだと思いました。こういう食べさせ方をするお店って、日本にあるんですかね?

下の動画を見ると分かると思いますが、釜が特殊なんです。
釜の底から蒸気が出る仕組みになってます。

ただ、逆に、焼き用の鉄板などはなく、「蒸し」に特化しているのが素晴らしいです。

私の住んでいる福井県も、海の幸で有名な三国港や越前海岸、敦賀港があります。芦原温泉もあります。海の幸が豊かな福井に、こんなお店があれば、きっとはやるんじゃないかな~と、勝手に思っています。

大連の蒸し料理専門店「海味当家」のご紹介でした(^^;;;


蒸し料理の底鍋の「雑炊」が出来る様子


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール