ぬりえコンテスト ぬりえコンテスト
社長ブログ
Blog
すててこ社長ブログ 日常について

罪悪感として今も心に残っている「法事」の思い出

昨日の日曜日は祖父の13回忌だった。
親族が集まり、実家で法要をし、小宴会をした。

「法事」で、今でも心に残っているのは中学生の時のこと。

部活をサボりたくなった私は、平日の学校の授業が終わった後、部活の先生に

「先生すみません、今日、これから法事なので、部活休ませてください」

と真顔で言った。サボる理由に「法事」を使った。その頃は祖父母も元気で、
法事が何たるかさえ知らなかったが、なんとなく法事と言えば通るような気がしていた。

「法事??今日、今からか??」

部活の先生は怪訝そうな顔をして聞き返した。

「はい。法事です。」

法事が何のことかも分からずに、私はそう答えた。
しばらく考えた先生は、

「そうか。じゃぁ仕方ないな。休んでいい」

と休ませてくれたが、部活をサボった私の脳裏に、その時の先生の怪訝そうな顔が残った。

物心がついて、法事が平日の夕方に行われることなどないと知り
その時ついた法事の嘘が、罪悪感として今も心に残っている。

祖父の13回忌の法事の中、ふと、そんなことを思い出した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール