社長ブログ
Blog
すててこ社長ブログ 仕事について

キャッシュフロー計算書

昨日は商工会青年部の「資金調達力向上研修会」という研修に参加してきました。
第1回は、みらい経営のアドバイザーによる「決算書の見方」という研修でした。

会社の経営者は、必ず会社の内容を表す決算書(財務諸表)を把握できていないといけません。
決算書は
「貸借対照表(BS)」
「損益計算書(PL)」
「キャッシュフロー計算書(CF)」
の3つから構成され、これらは財務三表と呼ばれます。

それぞれ、

貸借対照表=会社が資金をどう「調達」して、どう運用しているか?
損益計算書=会社がどうやって儲けたか?
キャッシュフロー計算書=会社のお金の動き

を表しています。

私は独学でこれらを覚えてきて、貸借対照表と損益計算書はきちんと見れると思っていますが、
実はキャッシュフロー計算書の知識はありませんでした。
キャッシュフロー計算書は10年ほど前に上場企業の必須公開項目になったそうです。

研修では、キャッシュフロー計算書が重要ということでした。
自社をさらに深く把握するために、さっそく勉強してみます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール