社長ブログ
Blog

リスクとハザードの違いについて (リスク=ハザード×頻度)

読んでいるブログで「リスクとハザードの違い」について説明されていました。

これを読んで私の中で環境問題の混乱について腑に落ちたので、メモがてら残しておきます。

私の中で、説明が難しかったのが
「原発とタバコ、どちらが危険か?」
という比較の難しい疑問。

ブログでは下記のような質問に答えています。

「原発が最も命に優しいという議論をする人がいる。石炭なら炭鉱事故で人が死ぬ、原発では死んだ人が少ない、だから原発は安全だという理屈らしい。でも、青酸カリで死ぬ人はほとんどいないけど、タバコで肺がんになって死ぬ人はたくさんいる、だからタバコが青酸カリより危険?どういう理屈なのかな。」

これを理解するには「リスク」と「ハザード」の違いを理解して区別すること。どちらも「危険」と訳されていますが、この2つには本質的な違いがあり、区別して使わないといけないこと。私もこの区別を理解していませんでした。この説明でストンと腑に落ちました。

リスク=確率的な危険度

ハザード=危険の原因・危険物・障害物など。潜在的危険性。

リスク=ハザード×頻度

私の口から説明するよりも、ブログを読んだほうがはやいと思うので、詳しくは下記のブログに記載されているので、興味のある方はブログをご覧ください。

池田信夫ブログ「小林よしのり氏の知らないリスクとハザードの違い」

池田信夫ブログ「ハザードとリスク」

危険度(リスク)というのは、具体的な危険(ハザード)が発生する確率(頻度)を掛け算して、初めて同じ度合いで比較できるわけです。

リスク(危険度)=ハザード(具体的な危険)×頻度(発生する確率)

なるほど。勉強になりました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール