社長ブログ
Blog
ディズニーランドのクリスマスツリーで息子と

休日でもアンテナは張っています。そして休日のほうが思考がまとまります。

2017年の私の目標に
「10月に家族を2泊3日の旅行に連れて行く」
というのがあり、11/21.22は泊まりで家族でディズニーランド&ディズニーシーに行ってきました。

10月は多忙で、11月にずれたのと、目標は2泊3日なんですが、1泊2日になりました。
前の日曜日に小松イオンに連れていったのを1日分に加算ということで。。(T.T)

なにはともあれ、朝一で北陸新幹線に乗り、10時過ぎにディズニーランドへ。

で、ディズニーランドでの家族の話はちょっとおいておいて、ディズニーランドでの私の頭の中のお話です。

普段の仕事では脳みそを100%仕事で回していますが、オフの時には0%にするかというとそうではなく、20%くらいはアイドリング状態で仕事のスイッチが入っています。

意識してスイッチを入れているのではなく、「気付き」があるとスイッチが入ってしまうんです。PCのスリープ状態みたいなもので、ちょっとした情報が入ると、すぐに立ち上がる感じです。

今回のディズニーランドでは、「11月の女性の服装」がスイッチでした。ディズニーランドはデートや家族旅行といった、いわば「ハレの場所」。ここでの服装が目に入って、ふと気付いたこと。

・女性の脚は防寒系の黒タイツまたは足を見せる為の素肌系のベージュ。
・少し前にはやったカラータイツは2人しかいなかった。
・網タイツ、柄タイツもキャラ用に履いているくらいしかいなかった。
・パレードで踊っている女性は防寒用に素肌に似せたインナーを着ている。
・しかし、背部チャックが気になる。
・マフラーはチェックが多かった。特にドレススチュアート系のチェックが目立った。
・制服を着た高校生が平日にいるのはなぜ?さぼり?修学旅行?
etc…

そこから、スイッチが入って、思考がぐるぐる回りだします。

・次にカラータイツ、柄タイツがはやるのは5年後?etc…
・素肌感を魅せるインナーって需要があるのでは?
・学生服のDMにモデル募集の紙を同梱したらいいんじゃない?
・スマホサイトのトップの「選ばれる理由」の改良が必要だよね。
etc…

とにかく、一つの「気付き」から仕事のスイッチが入るんですが、この時に、脳みそに80%の余裕があるので、考えもアイディアも仕事中よりまとまります。

まとまったアイディアは、すぐにチャットワークのマイチャットにメモ。
今回のディズニー旅行では、メモは12個になりました。

そして、そこからさらに取捨選択をします。
夜中に書くラブレターと一緒で、アイディアが出たときはちょっとした興奮状態なので、すぐに行動せず、いったん冷ませて再検討したほうがいいです。これは過去の経験則。

そんな感じで、選択した案がいくつかあり、2018年に形にしていく予定です。