社長ブログ
Blog
左肩腱板断裂の修復手術

左肩腱板断裂の縫合手術を受けました

2017年9月20日に、左肩腱板断裂の縫合手術(修復手術)を受けました。

左肩に5年以上、違和感があり、6月に精密検査を受けたところ、骨と筋肉をつなぐ腱板が切れていまして、「左肩腱板(けんばん)断裂」と診断されました。
(詳細は以前のブログに書きました)

以前のブログ記事を書いたところ、勉強会仲間で水野商品館水野慎太郎社長も同じ症状だったらしく、水野さんも精密検査を受け、さらに、すぐに縫合手術を受けてしまいました。

シンタロウの右肩の切れた腱板を縫合してキター
シンタロウTV

なんてせっかちな水野さん。。。で、私のほうがまだ手術していない状態になり、水野さんから

「あれ?まだ手術しないの?」
「あれ?びびってる?」

水野慎太郎ニヤリ

びびってる

というようなオーラがびんびん来てたのですが、

大丈夫。
ビビってなんかいません。

例年7~8月は仕事のスケジュールがタイトなので、9月まで手術を遅らせただけです。

大丈夫。
ビビってなんかいません。。。

そう、そして、ついに、その手術の日が来たわけです。

大丈夫。。。
ビビってなんかいませんってばさ(T.T)

ふぅ。。。。

意を決して、福井総合病院にやってきました。

私の手術は4番目で、14時半頃からとのことでした。執刀は、肩の手術で有名な山門浩太郎先生です。山門先生は1日に4人も手術するんですね。さすが大人気の先生(^^)

福井総合病院

9時、病室で手術と入院手続きの説明を受けました。

9時半頃、パジャマに着替え、病室で順番を待ちます。

看護師さんが緊張しているであろう私に気を使ってくれて、いろいろと話かけてくれます。とてもありがたかったです。

11時頃、

「それでは、点滴をセットしますね」

右手に点滴をセットされました。

左肩腱板断裂の修復手術

14時頃に、

「それでは手術室にどうぞ」

さぁ、始まります。

点滴を片手でひっぱりながら、歩いて手術室に入りました。手術室は、テレビなどでよく見る感じの部屋でした。

手術室(イメージ写真)

手術台に寝ころびます。

目の前に大きな手術ライトが2つありました。

「では、まず首に注射打ちますからね~」

水野さんから聞いてましたが、まず、局部麻酔用の注射を首に打つそうです。意外に大きいのでびっくりするとのことだったので、あえて注射は見ませんでした。注射針がすっと首に打ち込まれましたが、まったく痛くなかったです。

「麻酔じゃないので、まだ意識は飛びませんから」

山門先生から注釈が入りました。
私は苦笑いです。

すると、助手の方が、私の点滴に麻酔液をセットしました。

「この麻酔が効いてきたら眠りますからね~」

という言葉を最後に、意識が途絶えました。。。

—————

気が付くと、病室でした。
酸素マスクを付けています。

左肩腱板断裂の修復手術

意識は朦朧としています。
16時過ぎということだけ覚えています。

—————

次に気がついた時、病室に家族がいました。
息子の一成は、酸素マスクをした私を怪訝そうな顔で見ていました。

左肩腱板断裂の修復手術

ただ、この時間はまだ麻酔が効いているのか、あまり覚えていません。

—————

20時くらいから、意識が整ってきました。手術した左肩は麻酔が切れてきたのか、ズキズキうずいて痛いです。

看護師さんからは
「痛みが我慢できなかったら、痛み止めの注射しますし、座薬もありますから。」
といわれました。

注射は苦手ではないんですが、、、
座薬には昔から抵抗があります。

座薬って、、、こう、なんていうか、、、
男として敗北感があるっていうか、、、
お尻の穴を相手に委ねることに全面降伏感があるっていうか、、、
精神的な屈辱感があります(^^;;

座薬は丁重にお断りしました。

痛み止めの注射は、我慢できなくなったらお願いしようと思いました。

そんな時、水野さんから
「痛みは今夜がヤマ場ですから」
というLINEが(^^)

左肩腱板断裂の修復手術

一晩くらいの痛みなら何とかなると、心が軽くなりました。
水野さんありがとうございます。

—————-

深夜0時を過ぎても、やはりズキズキうずいて痛いです。
看護師さんが「注射しましょうか?」と気を使ってくれてますが、注射するほどの激烈な痛みでもないので、我慢しました。

深夜2時を過ぎても、やはり痛いです。体を仰向けにすると肩が張って痛いので、ソファーに座っています。眠れません。

深夜4時を過ぎても、眠れない状態でソファーに座っていました。

深夜巡回の看護師さんが心配そうに部屋を見渡すと、、、

机の上に、痛み止めの薬が、、、

看護師さん「あれ?痛み止めの薬、飲んでいないんですか?」

ムンク

私、痛み止めの薬の存在に気付かず、飲んでませんでした。。。バカですね。。。

薬を飲むと、痛みが和らぎ、3時間ほど眠ることが出来ました。

———–

2日目から、痛みはだんだん和らいでいきました。
執刀の山門先生から

「肩の手術後は3種類の結果に分かれます。
ぜんぜん痛くない人が3分の1、
ある程度痛い人が3分の1、
めちゃくちゃ痛い人が3分の1です。」

と言われてたので、私は多分、ぜんぜん痛くないグループなんだと思います。

日頃の行いですね。
間違いない。

間違いない

一方で、水野さんは手術後も、めちゃくちゃ痛かったとのことです。

日頃の行いですね。
間違いない。

間違いない

————–

3日目になると、肩を動かすと痛みを感じるくらいで、動かさない状態では痛みを感じなくなりました。

退院することも出来たのですが、ちょうど会社が社員旅行(長島スパーランド)で臨時休業だったので、もう1日入院することにしました。

私が入院中に社員旅行になったのは、私の手術日が1ヶ月前に急に変更になったからです。
けっして社長への嫌がらせではありません(ToT)

————–

4日目の午前中で退院しました。
肩の装具「BREG SLING SHOT」を付けた状態ですが、動かさなければ痛みはなく、4日ぶりのシャバの空気は新鮮でした。

左肩腱板断裂の修復手術

————–

以上が、私の左肩腱板断裂の縫合手術の流れでした。
私は人生で初めての手術だったので、正直、かなり緊張しました。ただ、このように、全身麻酔により、手術中はまったく記憶がないです。そして、手術後の痛みも、私の場合は耐えられる程度のものでした。これから腱板手術を受ける方は、ドキドキしているかもしれませんが、怖がらなくてもぜんぜん大丈夫ですから。

このブログが、これから腱板手術を受ける方に、少しでも参考になれば幸いです。

————–

【追伸】
今回、私と水野さんとで、腱板手術を受けた同志として、新ユニットを結成しました。

クレイジーケンバンズ

CRAZY KEN BANZ(狂った腱板達)

俺の

俺の

俺の話を聞けぇ~♪

音楽性の違いで解散にならないように気をつけます(^^;;