社長ブログ
Blog
ラッキーの神様、チャンスの神様、幸運の神様

ラッキーの神様の姿と捕まえ方

シンガポール視察には大学の先輩である木下稔さんと同行したんですが、食事中の話の中で、その稔さんから

「ラッキーの神様って、どんな姿か知ってる?」

って聞かれました。

「大黒天さんみたいな姿ですか?」

と答えると、メモ帳に絵を描き始めました。

さささっと書いていただいた
「ラッキーの神様」の絵がコチラ↓
ラッキーの神様、チャンスの神様、幸運の神様

ラッキーの神様は

・ずっと走っている
・体中がぬるぬるで、抱きついて捕まえようにもすべって捕まえられない
・髪の毛が提灯アンコウみたいに前に伸びていて、この髪の毛を掴めば捕まえられる

というものだそうです。

「笹原なら、どうやってこのラッキーの神様を捕まえる?」

と聞かれ、考えること30秒。私なら

「定置網のようなものを作り、ここに神様を追い込んで捕まえます。」

こんなイメージ↓
ラッキーの神様を捕らえるイメージ
ヤンマーマリンブログより引用

と答えました。

その答えを受けて、稔さんは

「ラッキーの神様を捕まえる方法は2種類あって、目の前を神様が通った瞬間に、神様よりも速くシュパッって髪の毛を掴むか、ラッキーの神様がいつ来てもいいように 準備をするかのどちらかやねん。ここに経営者の性格って出るよね。」

と。

なるほど。確かに。

ホテルに戻り、このことをずっと考えていました。
自分を振り返ってみて、昔は目の前を通るラッキー(とおぼしきもの)に、とにかく手当たり次第に食い付いていたなぁと。もちろん、ラッキーを必ず捕まえられたわけでもなかったし、ラッキーに見せかけて実はアンラッキーで、痛い目にも合いましたが、、、

とにかく、手当たり次第に食い付いていたなと(^^;;

しかし、痛い目にもあったせいか(というより、歳のせいか)、最近は「ラッキーの神様」をきちんと捕らえられる「仕組み作り」に意識がいくようになりました。

ラッキーの神様は、今も私達の近くを走っています。
その神様が来た時に、どう対応するかで人生が決まります。

BESTは「ラッキーをいつでも捕まえられるように準備をする」
BETTERは「ラッキーと判断したら、とにかくつかむ」
BADは「ラッキーかどうか迷って、つかみにいかない」

私はこのように考えています。

————————————-

ちなみに、このラッキーの神様は100人中100人に平等に訪れるわけではありません。
ある人には毎月のように訪れますが、ある人にはぜんぜん訪れません。

「えー!不平等やん!」

と思ったらダメです。はい。不平等なんです。
まさかラッキー(運)は平等だなんて、学校で習ってませんよね。
世の中は何もしなければ「不平等」「不公平」になるように作られているんです。

そして、ラッキーの神様は「三角形の上の部分」が大好きなんです。

三角形?

コレです。↓

ラッキーの神様は、三角形の上の部分ばっかり走っているわけで、下のほうには気まぐれでしか降りてきません。

三角形の上の人たちには、ラッキーの神様は、毎朝、竹田川沿いをウォーキングするおじさんのように頻繁に現れますが、三角形の下の人たちには、あわら市でジャニーズ事務所のアイドルに会う確率くらいにしか現れません。

そういうものです。

——————————————————

それでも、人生で何回か現れる「ラッキーの神様」を捕まえる秘訣があります。
それが「真面目」「前向き」「アンテナ」です。

「真面目」
とにかく、目の前の仕事や宿題から逃げずに取り組むこと。

「前向き」
物事を前向きに、楽観的に、明るく捉えること。

「アンテナ」
ラッキーの神様が来た時の為に準備し、アンテナを張り続けていること。

この3つは、セットです。どれかがかけても、ラッキーの神様を捕まえる確率は下がります。

「真面目」×「前向き」×「アンテナ」=ラッキーの神様を捕まえる確率

です。

2日後に45歳になる私の経験則による「ラッキーの神様」論です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール