採用情報
Recruit
福井県の小売業、飲食業、サービス業で働いている方へ

小売業、飲食業、サービス業で働いている方へ(土日祝勤務や、夜型勤務で働いている方へ)

すててこ株式会社代表の笹原です。
コロナ禍で小売業の方や、飲食業、サービス業の方が(経営者の方も社員の方も)大変苦労されているお話をよく耳にします。ほんと、大変な時期だと思いますが、外出自粛の流れで、ネット通販業は活況です。

すててこの笹原社長

そんな中、今回は、土日祝勤務や、夜型勤務で働いている方へのご提案です。
私の体験談も交えてお話ししますので、少々お付き合いくださいませ。

福井県内の小売業、飲食業、サービス業で働いている方も多いと思います。
私も大学を卒業後に就職した会社は大阪心斎橋のレディースアパレルショップで、店頭で接客販売をしていました。
身長183cmの大男が10~20代女性にギャル系の服(当時はアムラー系へそ出しルック)を接客してまして、だいぶハートを鍛えられました(苦笑)。

バブル崩壊で就職氷河期ということもあり、当時の雇用契約は
・月6日休み(シフト制・平日休)
・土日祝は必ず出勤
・お盆休みも年末年始休暇も時期をずらして休む
・勤務時間:9時30分~21時30分(拘束時間12時間)
・有給なんてとてもとれない雰囲気

でした。

勤務時間中はずっと立ち仕事で接客し、1日10万円の接客売上ノルマがありましたが、新社会人として、それが普通なのかなと思って必死に仕事していました。
その後、家業を継いで衣料品店で働くようになりましたが、家業も同じような勤務形態だったので、一般的に店舗型小売業はこんな形だと思います。

しかし、今、振り返ってみると、だいぶキツイ労働でしたね(^^;;;
店舗型小売業って、労働条件がきついんですよ。
なぜきついのか、一覧にすると、こうなります。

小売業、飲食業、サービス業の労働形態

しかし現在、当社は小売業からネット通販業に転換し、対面型の接客がほぼなくなったため、勤務形態も大きく変わりました。当社の勤務を一覧にすると、こうなります。

すててこ株式会社(ネット通販業)の労働形態

そして、この2つの表を比較すると、こうなります。

小売業、飲食業、サービス業とネット通販業の労働形態の比較

同じ仕事でも、職種が違うとこんなに差があるんですわ。
小売業、飲食業、サービス業は労働条件がきついんです。
特に「勤務時間の設計がきつい」んです。

「勤務時間の設計がきつい」ことでどうなるかというと、、

・土日祝が休みにくいので、家族や友人との時間が設計しにくい。
・自分が休んだらお店が回らないなどのリスクが高く、休みの融通がきかない。
・定時が19時以降だと、仕事後の予定(デートや飲み会)が入れにくく、リフレッシュの設計がしにくい。
・お盆や年末年始に行われる同窓会や家族行事に出席しにくい。
・生活のリズムが夜型になりやすい。

となりがちです。勤務時間の設計がきついので、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を考える中で、制約が大きいんです。

そこでです。小売業、飲食業、サービス業で働いている方々、ネット通販のお仕事に目を向けてみませんか?
ネット通販のほうが、「勤務時間の設計」が優れているので、人生の時間の設計をしやすいんです。
私も店舗型小売業からネット通販業に転向したのでよくわかります。

———————————————
「すててこ株式会社の勤務時間設計」
・月8日休み(毎週日曜&隔週土曜、平日休み)
・お盆休み、年末年始休みあり
・勤務時間:9時00分~18時00分または8時30分~17時30分
・有給は100%消化。未消化有給は買い取り
———————————————

この勤務時間設計により、こうなります。

・週末に休めるので、家族や友人との時間が設計しやすい。
・店舗ではないので、急な休みの融通がしやすい。
・定時が18時なので、仕事後の予定(デートや飲み会)が入れやすい。
・お盆や年末年始に行われる同窓会や家族行事に出席しやすい。
・生活のリズムを整えやすい。

小売業、飲食業、サービス業も世の中に必要で、素敵なお仕事だと思いますし、この業界で働いている方は厳しい労働環境が当たり前として頑張っておられる方々だと思っています。
しかし、ネット通販業も、これからどんどん成長する素敵なお仕事です。将来を見据えて、転職をお考えの方は、「ネット通販業への転向」もぜひ、視野に入れてみてください。
「勤務時間の設計」がしやすく、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を取りやすい業種ですので(^^)

長々と書きましたが、つまり、なにがいいたいかと言いますと

転職をお考え中の方へすててこ株式会社はいかが

というわけで、すててこ株式会社の採用情報はコチラです。
ぜひご一覧くださいませ(^^)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール