お知らせ
News
40フィートコンテナ 輸送 角を曲がれない

カンボジアから40フィートコンテナで初の入荷

すててこ株式会社は、中国の大連と内モンゴルに自社商品生産の協力工場がありますが、今回はカンボジアのニット工場でもPB商品を生産してみました。

理由は「カンボジアからの輸入は関税の優遇制度があるから」です。

カンボジアということで、商品の品質が怖かったんですが、商品の仕上がりはめっちゃ素晴らしい!
ニットはホールガーメントで作られるので、今どきはほとんど機械が作ります。
ですので、ロットさえこなせれば日本製となんら品質は変わりません。
よかった。きっとお客様に喜んでもらえると思います。

さて、で、その入荷ですが、弊社ではラニィ福井貨物様に輸送を依頼しています。 その福井貨物の方から

「今回は40フィートコンテナなので、、道が狭くて倉庫に入れません。。」

とのこと。40フィート=約12mで、トラックの運転席を合わせると14m近くになります。第2倉庫は奥まったところにあるので、1車線道路の角が曲がれないとのこと。。

いろいろ考えた結果、曲がれない角の部分で、トラックとワゴン車で交互にピストン輸送をすることに。

ダンボールケースの数は363個。これを男性社員と物流部社員で運びます。
人海戦術です(苦笑)。1時間ほどかかりましたが、無事倉庫に収納。

枚数で10500枚。一冬で全部売れたらいいなぁ(^^)

40フィートコンテナ 輸送 角を曲がれない
40フィートコンテナのトラック。でかい。。
40フィートコンテナ 輸送 角を曲がれない
満載ではなく、3分の2くらいでした。
40フィートコンテナ 輸送 角を曲がれない
レンタカーのトラックと自社ワゴン車でピストン輸送することに。
40フィートコンテナ 輸送 ダンボールケース
普段はデスクワークですが、いい汗かいてます。
光合成中(^^;
40フィートコンテナ 輸送 ダンボールケース
昼間の~♪パパは~♪ちょっとちが~う~♪
昼間の~♪パパは~いい汗~かいてる~♪
40フィートコンテナ 輸送 ダンボールケース
363ケースを第2倉庫に収納完了。これからさらに仕分けが始まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

笹原 博之

すててこ㈱代表取締役。会社の方針や採用の話、雑記を投稿しています。下着、靴下、ストッキングのバイヤー歴20年以上。下着通販サイト加速中。 プロフィール