お知らせ
News
書初め

筆に思いを込めて来年の抱負を書きました!

今年も残すところ、あと13日!
そろそろカウントダウンのスタートですね(^^)

筆に思いを込めて、来年の抱負を書きました!

達筆な人、筆を持つのが小学生以来の人
いろいろですが、皆口をそろえて
「楽しいね!来年もやろう」と言ってくれました♪

言い出しっぺの私ですが、小学校の習字の時間にしかやったことがありません…^^;
でも大人になってからやる書道は精神統一にもなり、とてもいい機会でした。

これを機に”すててこ書道部”発足なんてのもいいかもしれません(^^)/

書初め

書初め

書初め

書初めの意味知ってますか?
私きちんと知らなくて、wikipediaで調べてみました(^^)/

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

書き初め(かきぞめ)とは、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事。通常は1月2日に行われる[1]。元は旧暦1月2日に行われた。吉書(きっしょ)、試筆(しひつ)、初硯(はつすずり)、筆始(ふではじめ)などともいう。

若水で墨を摺り、恵方に向かって詩歌を書く習慣があった。書く詩歌は「長生殿裏春秋富、不老門前日月遅」という漢詩がよく用いられた。もともとは宮中で行われていた儀式だったが、江戸時代以降庶民にも広まった。

書き初めで書いたものは左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている[1]

毎年1月5日には東京都千代田区にある日本武道館で公益財団法人日本武道館が主催する書道事業の行事として全日本書初め大会が約4,000人を集めて催され[2]、全国的に各種メディアで放映される。これは新年の風物詩の一つとなっている。

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

すててこメンバーが書いた「来年の抱負」、商品と同封させていただいているチラシに掲載予定です(^^)/
楽しみにしていてください♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すててこ株式会社の最新の投稿が
Facebookに届くようになります

この記事を書いた人

子供3人を育てるワーキングマザー(^^)毎日、仕事・家事・育児など奮闘中です。会社では管理部に所属。楽しく会社の内側を紹介できるよう、頑張ります♪ プロフィール